furicadodaisukeの日記

こどもが自由に過ごせる場所づくりを米原市で『わっか』という団体で代表しながらしています。普段は放課後等デイや短時間通所リハで常勤で指導員をしています。3児の親です。

人を変えようと意見して、それができた試しがないよ

小1の娘に対していろいろ小言をいってします。

「早く準備しないと学校間に合わないよ。」とか

「部屋の片づけ、できてないやん」とか

だいたい、娘は「わかった」ではなくて、

「間に合うって」とか

「自分の出した分はしたもん」と

返事をしてきます。

 

うーん、どうしたら言わなくてもよくなるのかなあって

毎日、思ってはいても言ってしまう。

昨日

MBSラジオ1179ポッドキャスト | 内田樹&名越康文の 辺境ラジオ

聞いていて、うわあ、こういうことかもしれないっていうことがありました。

それは

「人を変えようと意見して、それができた試しがない」ということです。

ぼくの娘への小言にはこれが含まれていたんだと思うんです。

 

「早く準備しないと学校間に合わないよ。」は

早く準備できる娘になってよね。

「部屋の片づけ、できてないやん」は

片づけをパパができたね!って思えるぐらいできる

娘になってね。

というように。

娘はその部分を敏感に感じ取っているのかなと思うんです。

 

でもね、これって娘だけじゃなくて

いろんな人と話をするときに無意識にしているだろうなって

おもうので、毎日意識してみます。

 

自分がされて嫌なことはしないでおきたいな。