furicadodaisukeの日記

こどもが自由に過ごせる場所づくりを米原市で『わっか』という団体で代表しながらしています。普段は放課後等デイや短時間通所リハで常勤で指導員をしています。3児の親です。

7才の子どもらしい部分

昨日は長女の誕生日。

朝は、ハンバーグやパンなどのプレートごはん。

夜は、自分で選んだピザ、ケーキ、ジュース。

食べたいものを好きなだけ食べている娘は

大きな口を開けて笑顔でいてくれました。

 

7才になる娘は、ふだん話すことが少しずつ

しっかりとしてきています。

学校でのことでは、

「そういうことね」とそこにいなくても

娘の言いたいことがわかります。

 

でも、好きなものを食べているときの娘は

まだまだ、かわいいなあって思います。

食べたいはずのケーキも、食べすぎちゃって苦しくなって

それでも食べたいから、がんばっている。

 

こういう

親が子どもに見せてもらえると嬉しくなる

こどもっぽいことが、これから、

どんどん減っていくんだろうなあ。

 

たまに、思いっきり子どもっぽい部分を

見せてもらえたら大事にしていきたいなと思います。