読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

furicadodaisukeの日記

3児の父親として、こどもの居場所つくり、育児などできるだけ毎日書きたいです。

みかん大好きな2才の娘。

2才の娘はとっても食べることが好きです。

朝も、起きてすぐに「今日のご飯なに?」と聞いてきます。

そして、「おみかん、たべる」と言い、みかんを食べはじめます。

みかんが旬をむかえてから、こんな感じです。

 

きっと、みかんが大好きなんです。

すこし前までは毎朝2こ、かならず食べていました。

それは食べすぎということで、1こで我慢してもらっていますが

1こになってから娘は、みかんの余韻をたのしむために

あることをはじめているのに気づきました。

 

それは、たべたあと、ずっと口の中にみかんを入れている。

食べおわって、手を洗って、部屋で遊ぶようになってからも

ずっと口の中にみかんを入れています。

口を少しふくらませて、やや笑顔でずっと遊んでいます。

 

ぼくが「口になに入ってんの?」と尋ねると

あーっと口を開けて、みかんを見せてくれます、うれしそうに。

ぼくが「はよ、ごっくんしいよ」といっても

ずっと口に入っています。

そして、言うのを忘れてあらためて気づいたときには

飲み込んでいます。

 

大好きなみかんが2こ食べられなくなってから

娘は口のなかに、いつまでもみかんを持っておくことで

大好きなみかんとの別れを少しでも後にしています。

それが、かわいいなあっていつも思います。