furicadodaisukeの日記

3児の父親として、こどもの居場所つくり、育児などできるだけ毎日書きたいです。

応答

応えると答える。

大事なのは「応える」でそれに比べれば「答える」なんて些細なこと。

そう若松英輔さんが、おっしゃっていました。

ほんと、そうだなあと思います。

 

とくに、子どもたちと接しているときに感じるのですが

子どもの関わりに即座に「応える」ことさえしていれば

それで十分だと思います。

 

適切な答え、その子の成長のための答え、大人としての答え

そんなの本当にどうでもよくて、ただただ、応える。

ことばなんてなくても、視線だけでもいい。体を向けるだけでもいい。

こどもに対して、真摯に応えることを大人ができていれば

子どもは十分、嬉しいんだと思います。

 

ぼくじしん、できていないことのほうが多いです。

向いたふり、返事だけしてみていない。

ちょっとずつ、できるようになりたいと思います