furicadodaisukeの日記

こどもが自由に過ごせる場所づくりを米原市で『わっか』という団体で代表しながらしています。普段は放課後等デイや短時間通所リハで常勤で指導員をしています。3児の親です。

きんちょーする娘

地元の図書館で、かるた大会がありました。

小学校からもらったチラシをみた小1のむすめが

「行きたい!」というので参加してきました。

百人一首ははじめてです。

あんぱんまんカルタはしたことあるから大丈夫と

練習はしませんでした。

 

会場では子どもたちは学年ごとに分けられます。

一年生のむすめは、一年生のグループ7人で

百人一首をおこないます。

みんな輪になって、ざぶとんに正座します。

 

小1の子どもが正座で輪になって座っているのは

かわいいもんです。

 

正座した娘は、まわりをキョロキョロ。

百人一首が始まっても、札をとるときも

「はぁ、い」と声が出ません。

たぶん緊張しています。

 

いつも、男の子と一緒にあそんでいる娘は

とっても、やんちゃで手におえませんが

知らない人がたくさんいる場所では

ちゃんと緊張します。

 

ふだん、見れない娘のすがた。

もう少し大きくなると、見ることはなくなるのかなあと

思うと、こういう大会みたいなものに参加するのも

いいなあって思いました。