furicadodaisukeの日記

3児の父親として、こどもの居場所つくり、育児などできるだけ毎日書きたいです。

音のなる絵本とむすめ。

よる、とっても眠くなったとき2才の娘は自分から

「ぱぱ おふとん いこう」と誘ってくれます。

そのとき一緒に、ふとんに持っていくのは、

動物の声のでる、えほん。

 

らいおん、ねこ、おさるさん、ぞうの

声がボタンをおすと出ます。

らいおんを押すと「がおぉぉぉっ」です。

 

おふとんに入ると娘は、さっそく

らいおんのボタンをうれしそうに押します。

すると、ぱぱは「こわっ」

むすめは「こわいの?ぎゅーしたろか」と抱いてくれます。

ぱぱは「ありがとう、大丈夫だよ」というと

むすめは、おさるさんを押し

パパは「おさるさん、こわくない」

そして、むすめは、ねこのボタンを押し「こわっ」といい

こんどは、パパが、ぎゅーっとします。

 

むすめが、自分から寝るのをさそってくれたときは

このやりとりを2回して、むすめは寝ます。

パパもたいがい一緒に寝てしまいます。

 

このやりとりをして、うとうと寝そうになる娘を

みているのは、嬉しい時間です。